疲れを溜めない為のマッサージ方法などをご紹介!

menu

疲れ知らずの体に大変身【マッサージ大辞典】

眼精疲労を取り除いて頭痛を解消する方法とは?

眼精疲労や頭痛が辛いなら、セルフマッサージで解消しましょう。

まずは後頭下筋は頭の付け根にありますので、両手のひらで数十秒ほど指圧した状態でツボを刺激するために首をゆっくりと上下に動かすのがポイントですよ。

後頭前頭筋は額から後頭部まである筋肉ですから、両手の指の腹全体を使って頭皮マッサージのように指圧したり、少し場所をずらして円を描くように頭全体をマッサージしましょう。

頭の横に付いている側頭筋をマッサージする際には、両手のひらの拇指球を押し当てて、数十秒ほど優しくグリグリと指圧しましょう。

目の周りにある眼輪筋をマッサージする前に、眉毛の上に指を当てて解したら、鼻筋に沿わせるように目の内側に指を当てて指圧しましょう。

眼精疲労のマッサージでは、心身をリラックスさせた状態で実践するのがオススメですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031