疲れを溜めない為のマッサージ方法などをご紹介!

menu

疲れ知らずの体に大変身【マッサージ大辞典】

肝臓障害や腰痛を改善するセルフマッサージ

肝臓障害に効くツボとして、肝臓の働きと目の調子には強いつながりがあり、疲れ目のツボを押すことで肝臓機能まで改善できるので、気になる方はぜひセルフマッサージして健康的な体になりましょう。

疲れ目のツボは後頭部にあるので、頭の後ろで手を組み位置を変えながら押していき、気持ちの良い箇所や押し方を工夫してみましょう。

背中側にあるヒユと呼ばれるツボを押しますが、腰上に手を当てて、背骨の横あたりを反らすように押していき、ヒユのしたにあるイユやサンショウユのツボも効果的なので同様に押しましょう。

ジンユは叩いたり押して刺激し腎臓を活性化させ、骨盤の上にあるダイチョウユの所もしっかり押して、最後には体をしっかりほぐしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031